ショッピング

【子供が喜ぶ】後部座席のタブレットホルダーおすすめ3選

タブレットホルダー

車の後部座席でタブレットを見れるようにしたいんだけど、なにか良い商品ないかな?

そんな悩みに答えます。

後部座席にタブレットを設置してドライブしたい、という方多いですよね。特にお子さんがいる家庭では、かなり重宝されます。

それは、子どもがうるさいから 楽しんでほしいから。

子どもがいる長時間移動は、必須レベルといってもいいでしょう。

なぎお
なぎお
我が家は子ども3人いるので、タブレット設置してます

タブレットホルダーは数多くの商品数があるので、どれがいいか迷っている方へ、おすすめの商品をご紹介していきますね。

後部座席のタブレットホルダー おすすめ3選

SAMHOUSING タブレットホルダー

出典:Amazon

 

 

  • Nintendo Switch本体やタブレット、スマホも設置可能
  • 360℃回転 見やすい角度に変更可能
  • 簡単に取り付けられる
  • 1年間の保証つき
値段
取り付けやすさ
耐久性
安定度
対応機種 6~11インチのタブレット

iPhone ○

switch   ○

値段のわりに、しっかりしていてコスパ最強。

タブレットの重量でも、抑えるバネが強いのでグラグラせずしっかりホールドしてくれます。

なぎお
なぎお
迷ったら、コレにしておけばいいと思います

iKross ヘッドレスト取付式 タブレットホルダー

出典:Amazon

  • Nintendo Switch本体やタブレット、スマホも設置可能
  • 座席の後ろはもちろん、後部座席の中間に設置可能
  • 中間に設置できるので、後部座席のどの席からも視聴ができる
  • 子どものケンカが起こりづらい
  • 取り付けは簡単
  • 360℃回転 見やすい角度に変更可能
値段
取り付けやすさ
耐久性
安定度
対応機種 7~10.2インチのタブレット

iPhone ○

switch   ○(サイズギリギリなので何か挟むとよい)

なぎお
なぎお
後部座席の中央に設置したいのなら、コレがおすすめ

私は、実際に使用しているのはコレです。選んだ理由は

子どもがケンカしないから

席の後ろに設置をすると、1人がよく見れないんですよね・・

2人以上のお子さんがいると、画面の近くの席を誰が座るかケンカが始まります。

ドライブに行く前から、イライラする原因になるんで中央設置タイプがおススメです。

ちなみに、椅子の後ろにも設置できるので、将来的に使うかも?って方でも大丈夫。

中央に設置する時は、子どもに前座席と後部座席の移動をさせない事

設置のジョイント部分を子どもが壊します・・

YsinoBear タブレットホルダー

タブレット

出典:Amazon

 

  • Nintendo Switch本体やタブレット、スマホも設置可能
  • シリコンでホールドするのでタブレット等本体にキズがつきづらい
  • 上下にも移動するので、子どもの手が届きやすい距離に移動できる
  • 本体留め具に充電の配線を通す穴があるので、充電しながら使用できる
値段
取り付けやすさ
耐久性
安定度
対応機種 6.3~10.3インチのタブレット

iPhone ○

switch   ○

こちらは上下に移動もできるタイプ!

メリットとしては、子どもにタブレット操作を任せる時は近くに移動させて

触ってほしくない時は、上に移動して触らない距離に移動できます。

なぎお
なぎお
子どもが小さいうちは触ってほしくないですからね

注意点として、ネジは六角で締めるパターンですが、緩みやすいのでマメに締めなければならないです。

ネジが緩みやすいので、たまに六角で締めなおしが必要

取り付け方法

タブレットホルダー

ほとんどの商品は、器具など利用することなく取り付けできます。

注意点として、説明書が英文のものが多いです。(海外製なのでその分安い)

設置に関しては、簡単なんですが英語なので理解しづらいかもです。

ホルダーを選ぶ時の注意点

何個か実際に使用していて、思った事は

壊れやすい事

やはり、値段が安いので壊れやすいという事は理解しておいた方がいいと思います。

壊れやすいポイントですが

  • ボールのジョイント部分
  • ヘッドレストと本体の固定部分

上記部分が重さを耐え切れず壊れるか、子どもが壊すというパターンが多いです。

今回紹介した商品は比較的壊れづらい商品をお伝えしています。

なぎお
なぎお
ダメな商品だと1日で壊れた!なんて事もありました。



後部座席のタブレットホルダーは、子どもがいるなら必須アイテム

タブレットホルダー

ドライブや普段使いでも、タブレットなどで観ながら移動できるというのは、魅力ですよね。

賛否両論あると思いますが、動画やゲームを見ている間は子どもは静かにしてくれているので、親としてもストレスを感じる事なくドライブや会話する時間も必要だと思います。

参考になった!という方は下のボタンを”ポチっ”とお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

ABOUT ME
なぎお
職場や生活でのお困り事をブログで発信しています。 デジタルなモノが好き。 異業種を経験しまくりジョブホッパー