ショッピング

ストライダーはいつからやらせても大丈夫?【2年使ってみた感想】

ストライダー

ストライダーを周りの子が乗ってて楽しそう。

自転車の前に練習として乗せてみたいけど、うちの子乗れるのかな?

ストライダーといえば全国でイベントや実際に販売もしている

「ストライダージャパン」では、1歳半から乗る事ができる

記載されています。

 

ストライダー

出典:ストライダージャパン

我が家では、娘に3歳の時に購入しました。

結論からいうと、買ってよかったなと思います。

何より、娘が自分で乗り物に乗って、楽しそうに遊んでいるからです。

実際に使用してみて、感じたところをレビューしていきます。

購入したストライダーの紹介

実際に購入したストライダーはこちら

My Pallas ちゃりんこマスター MC-01

選んだ理由として

  • デザインが良かった
  • ピンクを探してた
  • 値段もお手ごろだった
  • 送料無料だった
  • ほぼ組み立て済みだった
なぎお
なぎお
娘はピンク好きなので、これが1番の理由でした

デザインがよかった

デザインがシンプルで派手すぎず、色の配色バランスがいい感じですね。

ピンクを探していた カラーは8色から選べる

カラーも8種類あるので、好きな色があると思います。

子どもの好きな色で選んであげると、子どもも喜んでくれますね。

  • ベビーピンク
  • ホワイトグレー
  • レモンイエロー
  • ホワイト×イエロー
  • ホワイト×レッド
  • ホワイト×ブルー
  • ホワイト×ピンク
  • ホワイト×グリーン
ストライダー
なぎお
なぎお
ピンク好きだったので、ホワイト×ピンクにしました

値段がお手ごろ、送料込み

ストライダーは、意外と高くて10,000円超えた商品が多く、困りました。

なぎお
なぎお
乗って2年くらいだし、ちょっと高いなー

 

 

購入した商品の本日(2019年6月時点)価格では、楽天市場で税込み5,800円です。

なぎお
なぎお
もちろん、送料込みの値段です。

比べると、約6,000円ならいいかなという感じで購入しました。

ほぼ組み立て済みで届く

ほとんど組み立てられて届きます。

組み立てする個所は、ハンドルとサドルの固定です。

付属されている工具で締めなおす程度の簡単な作業、特に難しい作業はありません。

なぎお
なぎお
組み立てって面倒だから助かります

 

ストライダーを乗せてみたメリット、デメリット

2年ほど実際に使用してみて、メリットとデメリットを紹介します。

メリット

メリットは以下の通りです

  • 自分で乗り物を運転できて楽しそう
  • 運動神経、バランス感覚が養える
  • パンクしないので、タイヤ交換不要
  • 自転車に乗り換える時に、すぐ乗れる

 

自分で乗り物を運転できて楽しそう

自分の力で動かして、自分の意思で曲がることができるので楽しいんだと思います。

(それを見て微笑む親)

足が常に地面につく距離なので、転ぶこともあまりなかったです。

 

運動神経、バランス感覚が養える

慣れてくると、足を地面から離して「スーッ」っと乗ることができてきます。

バランス感覚が養われているからこそ、足を離して前に進めているのだと思います。

最初はできませんでしたが、慣れてくるとこういった変化が出てきます。

 

パンクしないので、タイヤ交換不要

タイヤ

ストライダーのタイヤは、軽量化にする為、EVAポリマーという特殊な素材で作られています。一般的な空気を入れるタイヤではないのでパンクはしません。

なぎお
なぎお
遊ぼうと思ったらパンクしてたって事はないので嬉しい

 

自転車に乗り換える時に、すぐ乗れる

これは今後の検証が必要なんですが、一般的にストライダーに乗っている子の方が

補助なし自転車にすぐに乗れるといわれてます。

長男はストライダー経験なしで補助なし自転車の練習しましたが、乗れるまで3日かかりました・・・

その時の経験談はこちら

【絶対乗れる】子どもに自転車の練習する時のコツ教えます子どもに自転車の乗り方を教えるには、どうすればいいのかな? 5歳くらいになると、補助輪付きの自転車に乗れるようになります。 ...

デメリット

デメリットは以下の通りです

  • お金がかかる
  • 保管場所が必要
  • 靴がすぐダメになる
  • あまり気が乗らない子もいる

 

お金がかかる

当たり前ですが、こういったものはそこそこの値段がします。

本体以外にも、心配な方はヘルメットなどの準備も必要でしょう。

 

保管場所が必要

保管するスペースが必要です。外に出して置くと防犯上心配になります。

道路交通法上では、ストライダーは一般的な自転車と違い、遊具と分類されます。

したがって、防犯登録ができません。

なぎお
なぎお
盗難されたら保険とか下りないので、どうしようもないんですよね。

不安な方は、鍵でロックした方がよいかもしれません。

靴がすぐダメになる

慣れてくると、靴の底を滑らせるように乗ったり、かかとや先端を地面に擦るので、削れてすぐダメになるようです。安い靴を履かせた方がいいかもしれませんね。

なぎお
なぎお
高い靴は控えた方がいいかもしれません・・・

 

あまり気が乗らない子も当然いる

子どもといえども、全員が楽しめるかどうかはわかりません。

あまり興味を示さなかったという子もいるので、子どもに興味があるかどうか判断しましょう。

ストライダーを使用する時の注意点

乗らせる上で注意点があります。

  • 公道を走らせる事はNG
  • 下り坂には要注意
  • ブレーキはあまり役に立たない
  • 親の目を離さないこと

 

公道を走らせる事はNG

上記にも書きましたが、自転車ではないので公道は走れません。広い公園などで遊ばせましょう。

 

下り坂には要注意

1番危ないのは下り坂です!

子どもはスピードの調整はできないので、絶対に注意してください。

 

ブレーキはあまり役に立たない

ブレーキがついているストライダーもあるのですが、そもそも幼児(3歳くらいまで)はブレーキを握る握力がないので、ブレーキは使えません。

あくまで補助目的で、本来の目的でついていないのでブレーキを過信しないように!

 

親の目を離さないこと

当然ですが、目を離さないことです。

最初はちゃんと見ているのですが、慣れてくると大丈夫かなと判断して目を離しがちです。

(自分、そうでした・・)

目の届く範囲で遊ばせましょう。

ストライダー購入についてまとめ

ストライダーは絶対に必要な遊具ではないですが、あると子どもの成長をとても感じることができます。

子どもは成長が早いので、コツさえ掴めばあっという間に乗りこなして、勝手に遠くまで乗っていきます。

なぎお
なぎお
結構遠くまで行っちゃいます

そんな我が子を見てみたいなら、買ってもいいかなと思います。

ストライダーのレビューでした。最後までご覧頂きありがとうございます。

参考になったという方は下のボタンを”ポチっ”とお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

ABOUT ME
なぎお
職場や生活でのお困り事をブログで発信しています。 デジタルなモノが好き。 異業種を経験しまくりジョブホッパー