子育て

子ども達と酪農体験をしてみました。北海道のドライブスポット!

先日、北海道では有名な牧場「むらかみ牧場」に行ってきました。

ここでは、実際に牛の乳しぼりや、当日の朝に収穫した牛乳を使ってのバター作り、アイスクリーム作りを体験できます。

なぎお
なぎお
朝、搾りたての牛乳が飲めるよ!
タコボーイ
タコボーイ
えっ!おいしそう!

ドライブで定番のソフトクリームもあって、お子さんがいるファミリーの方や、カップルでデートとしてもおススメです。(当日はカップルの方や海外から来られた方々もいました。)

この記事では、こんな方におススメです。

  • 酪農体験をして動物にふれたい
  • バターやアイス作りをしてみたい
  • 子どもたちに自然をふれさせたい

酪農体験できる「むらかみ牧場」の基本情報

この牧場は北海道で有名なテレビ番組「タカトシ牧場」の撮影されていた牧場です。(現在は放送してません)

牛はもちろん、ウサギや羊、ヤギ、豚といった動物がいます。

すごい大きな施設というわけではないですが、動物と身近にふれあえる牧場です。

また、BBQやピザ、ソフトクリームといった飲食できるスペースもあります。

新千歳空港から車で30分と近いので、全国からお客さんが来られています。

当日は、神戸から来られたお客さんがいました。

むらかみ牧場の概要

アクセス:新千歳空港から車で約30分

JR千歳線「恵庭駅」下車→東口からタクシーで約10分

※「恵庭駅」は快速エアポート停車駅です。

住所:〒061-1405 北海道恵庭市戸磯156

電話番号:0123-32-5093(受付8:00~20:00)

定休日:基本無休(12月から3月は冬季休業あり)

公式サイト:https://murakami-farm.com/



酪農体験で実際に体験したアクティビティ

今回私が体験したのは

  • 乳しぼり体験
  • バター作り
  • アイスクリーム作り
  • 子牛へのミルクあげ体験

順番に紹介していきます。

乳しぼり体験

素手で乳しぼりができます。

牛は実際に近くでみると、めちゃめちゃ大きいです。

搾乳をする牛の体重は、なんと750キロ!

でもすごいおとなしく、子どもが触っても暴れることはなかったです。

乳しぼりは緊張しましたが、うまくできると勢いよくミルクが出てきて気持ちよいです(妻談)

小学生くらいならうまくできます。4,5歳くらいだと少し力が足りなそうな感じでしたね。

なぎお
なぎお
牛は暴れないから安心してできたよ!

バター作り

朝搾った牛乳を使って、作ります。

作り方は、ペットボトルに入った牛乳と生クリームをひたすら振る!

これだけ!

係の方が「3000回くらい振ればできます」と言ってました(笑)

実際にできたら、バターと牛乳に分けてもらって、クラッカーをもらって食べれます。

なぎお
なぎお
バターおいしかった!

アイスクリーム作り

こちらも朝搾りたての牛乳をつかったアイスクリーム作りです。

子どもたちがホイッパーをまぜまぜして、簡単にできました。

食べてみると、とっても濃厚!

美味しかったー

子牛へのミルクあげ

こちらはオプション料金で行うことができます。

でっかい哺乳瓶を渡されてミルクをあげます。

子牛といえども、力が強いので両手で持ってあげました。

なぎお
なぎお
あっという間になくなった!
タコボーイ
タコボーイ
かわいかったね!



酪農体験の気になる料金は?

体験する際の料金についてですが、

酪農体験料金まとめ

大人1名(中学生以上/12歳以上):2000円

こども1名(小学校まで/3歳から12歳未満):1000円

オプション 子牛へのミルクあげ体験:1グループ+500円

アイスクリーム作り体験 1グループ(5名まで):+2000円

ちなみにアイスクリーム作りは単体でも申し込みできます。

今回、普通に支払いしたら家族5人(大人3人、こども2人の料金)だと

9500円なんですが、じゃらん.netでクーポン使用して7500円で体験できました。

もし行かれるのであれば、そういった旅行サイトで探してみるとお得だと思います。

酪農体験してよかった事、まとめ

子どもたちが一番楽しそうにしていました。

アイスやバターは「おいしい!」と言ってくれたり

動物たちにエサをあげて「かわいい!」と言ってくれたり

自然にふれて、楽しんでもらえた事が一番よかったですね。

旅行やドライブに、ぜひ足を運んでもらえばと思います。

ABOUT ME
なぎお
職場や生活でのお困り事をブログで発信しています。 デジタルなモノが好き。 異業種を経験しまくりジョブホッパー