プロフィール

初めまして、ナギオと申します。

アラフォーの会社員です。家族は几帳面でしっかり者の妻と、明るくやさしくて友達思いだけどメンタル弱男の息子(小2)、そして妻に似てしっかり屋さんの双子の姉と自由でマイペースな双子の妹(年中さん)の5人家族です。

生まれは日本最北端の稚内!今は北海道、札幌に住んでおります。

職歴

お金を稼ぐ事に苦労しない社会人1年生

コンピューターの専門学校を卒業後、派遣会社の正社員として
社会人デビューしました。

とはいっても 専門学校に紹介された会社で、まわりは同じクラスだった友達。 数人面接してみんな合格するようなぬるーい感じ。 (なぎおは派遣会社のシステムすらわからず入社しています)

派遣先は、長野県にある液晶基板の製造工場でした。 派遣なわけでただの作業員。 毎日、同じ仕事をして帰るの繰り返し。 まあ夜勤とかあって12時間労働の4勤2休のシフト制 だけど 夏も冬も一定の温度で、椅子に大体座ってればいいような内容で 手取り25万円くらい。 さらに、社宅があって水光熱費込み新築ワンルーム3万円(安っ!)

お金を貯める思考がないので、好きな車も買いました。 ちなみに買った車は「パジェロエボリューション!」 (もう知っている人少ないだろうなー)

同じ学校の友達数人が同じ社宅アパートに住んでいたから 学生気分は全く抜けなくて、毎日部屋で集まっては 遊ぶ毎日。それが3年ほど続きました。

いろいろな事をやってみた20代

派遣なので、働く場所は当然変わります。 だったら北海道に戻って働きたいという理由で退職します。

勤務先が変わるから会社辞めるとかw ほんと、今の職場の20代前半の子はしっかりしてるよなーって 書きながら思いました。

という訳で、北海道に戻って いろいろな仕事に就きます。 【車の買い取り業者】 ガツガツ系な会社だったので、生理的に無理で半年でやめた。 【和食調理師】 別にやりたかったわけではないのだが、車屋を辞めて アルバイトしていたらそこで「やらないかー」みたいな感じで やっていた。

人生の転機

調理師をしていた会社の経営がやばくなりました。 給料の支払いが遅れ出したんです。 バイトの子たちもです。 もう、末期ですよねw

どうしようかなぁーと思っていた時 ふとそこで働いていた店の店長を見た時に衝撃を受けました。

酒飲みながら、女子大生のバイトの子と談笑しながら 営業中なのにぷらぷらしているのです。

その時思ったんです。 「俺が店長だったら、あの人より店をよくできるな」

その瞬間は今でも覚えてますねー

それからは店長になる為に 就活し始めます。 経営が悪化していたので、大きな会社なら そんな事にならんだろという安易な発想で 全国チェーンのファミリーレストランの会社へ転職します。

そして勤務先は東京!

せっかく北海道に戻ったのになぁと思いつつ 引っ越します。

働いて3年目、店長試験を見事合格! 念願の自分の店を任される事となったのです。

そして暗黒時代へ

基本的に店には社員1人。あとは全てバイトです。

店長の前は、必ず自分の他に社員がいたのですが当然いなくなります。 1人で全てやらなくてはいけませんでした。

当時は、ブラック企業という今のような風潮はなく とにかく体を張って店を守るにみたいなw バイトが急に休んだら出勤、休みでもクレームの電話が鳴りまくる 「店長、お客さんが怒ってるんですが電話に出てもらえますか?」 というのが日常茶飯事。

休みも月5日休めれば、周りの店長に羨ましがられる環境でしたね。 勤務時間も朝9時から夜11時とか普通。 そこの店は朝6時から夜2時までだったんで 閉店してから掃除して、ちょっと仮眠とって朝6時開店して 昼のランチ終わったら帰るみたいな今では絶対にやりたくないけど やってましたねー (今はそんな事はないと思いますが)

でも一人でいろいろ管理したのはとてもよい経験でした。 お金、人、モノ 今でも店長時代の経験が役に立ってます!(‘◇’)ゞピシッ

でもこれじゃ体がもたんなーと思い退職を決意することに。

衝撃

北海道、札幌に戻ったなぎおは 当時、パチンコにはまっていたので パチンコの中古機械販売店に就職しました。

そこの社長は超トップダウン経営でした。 もう、社長がいたら事務所の緊張感半端ないって感じ。 会社に入るとき、社長の車(白のレクサス)があったら もうテンション⤵ 社長の怒り地雷はそこらじゅうに埋まっているので 知らないうちにうっかり踏んでしまい、爆発炎上です。

こんなに怒る人、見た事がなかったんで もう価値観違い過ぎてホント無理。ってなりました。 初めてメンタルクリニックにも行きました。 精神的に病んでましたねー

という事で、我慢が頂点に達し社長の意見に対し 反抗的な態度をみせました。 そして、もう辞めます。と社長の秘書的な人に告げて それ以降は社長とも一切話をしませんでした。 初めてでしたね、こんな辞め方は。 勤めてきた会社に対して、牙を向けたのは。 それだけ、会社のやり方に不満をもっていたのでしょうね。 そして現在は、食品の製造工場で働いています。 今の職場は自由にやりたい事ができる会社なので 好き勝手にやってます。

結局のところ

長々書きましたが、結論 人生に無駄な事は一つもないという事です。

なぎおは転職を5回してきました。 でも、失敗だったなーと思った事は1つもないですね。

転職しようと思う人は、どんどん転職しましょう!

やりたいと思った事は、どんどんやりましょう!

そして私はブログをやりたいと思ったから 一から勉強中です。応援よろしくお願いいたします。

なぎお