子育て

子供にイライラする方必見!ペーシングしたら子育てが「ラク」になる理由

ぺーシング 子供 イライラ

「あ~もう、イライラする!」

子育てしている方は、思いますよね。

イライラしない親はいるの?って感じ。

特に言葉を覚えてくるとよくあるのが

「パパ~ぁ」、「ママ~ぁ」という言葉から始まる言葉。

これを聞いただけで、「もうやだ」ってなる人もいるのではないでしょうか?

うちは3人の子供がいるので、常に呼び止められて自己アピールが始まります。

なぎお
なぎお
子供は遠慮しないから無限ループするよね
タコボーイ
タコボーイ
無限は言い過ぎだろ

それでも私は「ペーシング」というスキルに出会ってから

イライラする事が減ってきました。

この記事は、こんな方にオススメ

  • 常に子供にイライラする
  • 子供との接し方に悩んでいる
  • つい子供に対して大声をあげてしまう

イライラを軽減するペーシングとは?

子供 イライラ

「ペーシング?」

始めて聞く言葉の方へ、解説します。

ペーシングとは、相手の話し方や状態、呼吸などのペースを合わせることです。

ペーシングのポイントは、「話し方」「相手の状態」「呼吸」です。
相手の話し方にペーシングするときは、声の調子や話すスピード、声の大小、音程の高低、リズムなどを合わせていきます。

相手の状態にペーシングするときは、明るさや静けさ、暗さ、感情の起伏などに合わせていきます。
呼吸にペーシングするときは、相手の肩や胸や腹部の動きを観察しながら、同じ呼吸のリズムになるよう合わせていきます。

このように相手とペーシングを行っていくと、聞き手と話し手の中に一体感が生まれてきて、話し手は安心して話をすることができるようになります。それによって、相手とのラポール(信頼関係)を築くことができます。

引用:日本NLP協会

簡単に言うと、相手の感情にこちらが合わせることです。

主にカウンセラーやコーチ、セラピストなど、相手の気持ちを聞く事が必要な方が

持っているスキルです。

タコボーイ
タコボーイ
子育てに関係あるの?
なぎお
なぎお
もちろんあるよ!

ペーシングとは特別なスキルではなく、誰でも使えるスキルです。

なぜ、ペーシングが子育てに関係があるのか

これから説明します。



幼稚園の先生や保育士が、子供に囲まれる理由

せんせー、あのね

幼稚園や保育園の参観に行ったら

先生って、子供たちに囲まれていませんか?

あれってプロだからでしょうか?

特別な人だからでしょうか?

あれは、先生のぺーシングが影響しています。

子供たちからしてみると、先生は

自分の話を聞いてくれる。自分の事を理解してくれてる。

と、思っているからです。

なぜ、思うのかというと

先生は、子供たちの目をしっかり見て

話しを最後まで聞いているんです。

タコボーイ
タコボーイ
そう言われてみればそうかも

「せんせー、〇〇ちゃんがたたいたー」

「せんせー、ここぶつけたー」

みんなしっかり子供のペースで話を聞いているから

子供は先生に好意を持つのです。

他人の子だからでしょ?

先生は、他人の子を預かっているからできるんだ。

という方もいると思います。

それは、間違いではないと思います。

みなさんも他人の子には優しく接しますよね。

でも、先生は注意をしたり、時には叱ったりする事もあります。

決して、優しくしているだけではないのです。

 



具体的なぺーシングのやり方

  • 子供たちの言葉に対して「えー!」「そーなんだー」「すごいね」「教えて」
  • 親がいちいち口を挟まない
  • 一緒に同じ遊びをしてみる
  • 同じ目線で、同じ口調で話しをする

基本的な考え方として、子供のペースや考え方を尊重する事

例えば、ゲームを止めなさいと注意しても、止めないのであれば

一緒にゲームをするんです。一緒に楽しみます。

そして「この試合でやめようね。」といったら意外と受け入れてくれます。

なぎお
なぎお
私はゲーム好きだからついやりすぎちゃう
タコボーイ
タコボーイ
ママに怒られるぞ

自分の好きな事が、相手も好きだったら好意を持ちませんか?

逆に、自分の好きな事を否定されたら敵意を持ちませんか?

何か悩んでいる時に、誰かに話をして「うんうん」って聞いてくれたら

なんだかスッキリした、みたいな事ありませんか?

これは相手のペースを受け入れるという、ぺーシングによるものなんです。

 



子供にイライラしなくなるのか?

ぺーシングというのは、技術なのでトレーニングは必要です。

自分のペースではなく、相手のペースなので最初は我慢、忍耐が必要でしょう。

「いいからやりなさい」「いいから止めなさい」

これが言えなくなるのは、とても辛いですが頑張りましょう。

だんだんと、話を受け入れる事に慣れてくるはずです。

ここまでくると自分に余裕ができるので、イライラする事は少なくなってきます。

子供への影響は?

一番影響するのが、子供の自己肯定感の向上です。

パパやママは、自分の話をしたらちゃんと聞いてくれる

親に自分を受け入れられていると感じる事が

子供の自信になります。

自分の存在が認められているんだ!という気持ちが生まれていきます。

話をしても

「忙しいから後にして」「うるさい!」って言われたら

自分は必要とされていないのでは?と考えて話をする事を

やめてしまうかもしれません。

話を受け入れる事が、子供の将来に関わるといっても過言ではないのです。

なぎお
なぎお
自分に自信を持った子になってほしいね!

 



親として、子供と共に成長しましょう

私はぺーシングを意識した事によって、子供たちが自分を求めてくれていると

実感しています。

仕事から帰ってくると、真っ先に子供たちが来ていろんな話を

してくれます。(ユーチューブ見ている時は来てくれませんが笑)

みなさんも意識してみてください。

子供たちが「パパ大好き!」って言ってくれますよ。

ABOUT ME
なぎお
職場や生活でのお困り事をブログで発信しています。 デジタルなモノが好き。 異業種を経験しまくりジョブホッパー